• 参加しよう!
  • 募集中のワークショップ
  • CAMPワークショップとは
  • ワークショップ紹介
  • ワークショップの流れ
  • はじめての方へ申し込み〜参加まで
  • 保護者の方へ
  • ボランティアメンバーファシリテーターについて
  • ファシリテーターとは
  • ファシリテーターとして参加するには
  • ファシリテーター育成プログラム
  • ファシリテーターインタビュー
  • ファシリテーターリレーコラム

ワークショップレポート

様子

2019年7月20日、松江市暮らしゆうゆう館にてワークショップを行いました。見たこともないふしぎなタネを植えたら、くうそう・しょくぶつのアイディアがむくむく・・・アイディアシートには、タネよりもさらにふしぎなしょくぶつの絵が!?そして茎(くき)の色や形、花や葉っぱの大きさなど、アイディア通りにしょくぶつの模型(もけい)が出来上がりました。カラフルなものを見せると大きくなるしょくぶつや、水をふくんだスポンジをあげると元気になるしょくぶつなど特徴(とくちょう)もふしぎなものばかりで、発表会ではたくさんの質問で盛り上がりました。とっても楽しい夏休みの1日になりました!(2019年8月1日更新)

続きはこちら

あちこちCAMPとは

たくさんのこどもたちにワークショップを届けたい―。CAMPではオリジナルワークショップを「つくる」と同時に、全国各地のミュージアムや学校、各種団体と協力して、ワークショップの輪を「広げる」活動を行っています。それが、CAMPワークショップの全国お届けプロジェクト『あちこちCAMP』です。

CAMPファシリテーターは、こどもたちが自ら考えて方法を見つけられるよう促し、こどもたち同士が自分の考えを表現し合いコミュニケーションできるよう橋渡しします。指導者のように上からではなく、補助者として下からでもなく、こどもたちと正面から向き合います。こどもたちが安全に充実した時間を過ごせるよう、こどもたちの小さな達成や変化に気づけるよう、制作の過程や言動にも目を配り、こどもたちの可能性を信じ一人一人に合わせたファシリテーションを心がけています。

ファシリテーター5つの心がまえ

ページトップへ