• CAMPとは?
  • CAMPとは?
  • ワークショップ共同開発
  • 活動報告
  • ヒストリー
  • 受賞履歴
  • メディア掲載
  • 活動・取り組みの紹介
  • 様々な取り組み
  • 学会発表
  • 関連書籍
  • コラム
  • CAMPワークショップを開催してみませんか?
  • あちこちCAMPとは
  • 開催までの流れ
  • CAMPACO
  • 提供プログラム
  • お申込み方法/FAQ

ワークショップレポート

様子

2017年3月19日、CAMPスタジオにて『ナリグラムワークショップ』を開催しました。スタジオを飛び出して、外へも音をさがしに行きました。いつも身近にあるものも、耳をすませてよーく聞いてみると・・・いろんな音が。自分たちで録った音はナリグラムを使ってオトダマに!そしてテーマに合った音の流れをユニットでつくりました。(2017年3月24日更新)

続きはこちら

様々な取り組み OTHER WORKS

CAMPではCAMPワークショップの開発・実践以外にも、ワークショップの輪を広げるための様々な活動や取り組みをおこなっています。

ワークショップにおいて、こどもたちの創造性を引き出し、コミュニケーションを活性化するファシリテーターの存在は重要です。またファシリテーター的視点とスキルは、学校教育の場においても有効性の高いものです。CAMPの実践を題材として、東京大学情報学環山内研究室とファシリテーター養成法の共同研究を進めています。

良質なワークショップが広く普及し、全国のこどもたちがそれを体験できる社会の実現を目指し、SCSKは「ワークショップ知財研究会」の活動を支援しています。さまざまな立場でワークショップに関わる人たちと、オリジナルアイデアやノウハウを正しく尊重し活用していく方法を研究していきます。

こどものためのワークショップを企画する人、実践する人、参加する保護者など、さまざまな立場で関わる全国の人たちがコミュニケーションできるプラットフォームとして、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)サイト「ちゃぷら」の運営を支援しています。

SCSKは、こども目線での安全・安心なデザインやこどもたちの健やかな成長を促すデザインの普及啓発を推進するNPO(内閣府認証特定非営利活動法人)「キッズデザイン協議会」に参画し、次世代育成CSRへの取り組みとして積極的に活動しています。

青山学院大学と大阪大学の共同事業として、ワークショップの企画・運営ができる専門家を養成する「ワークショップデザイナー育成プログラム」が開講されました。SCSKもCAMPの活動を通して積極的に協力しています。

ページトップへ