• CAMPとは?
  • CAMPとは?
  • ワークショップ共同開発
  • 活動報告
  • ヒストリー
  • 受賞履歴
  • メディア掲載
  • 活動・取り組みの紹介
  • 様々な取り組み
  • 学会発表
  • 関連書籍
  • コラム
  • CAMPワークショップを開催してみませんか?
  • あちこちCAMPとは
  • 開催までの流れ
  • CAMPACO
  • 提供プログラム
  • お申込み方法/FAQ

ワークショップレポート

様子

2017年11月19日、CAMPスタジオにて『こよみワークショップ』を開催しました。みんなで大きなカレンダーをつくって、来年の準備。力作ぞろいのカレンダーになりました!来年もCAMPに遊びに来てね!(2017年11月22日更新)

続きはこちら

ヒストリー HISTORY

2011年4月8日、CAMPは10歳になりました。

2001年に活動をスタートしたCAMPは、この春10周年を迎えました。
これまでCAMPの活動を続けてこられたのも、
ワークショップに元気いっぱいに参加してくれたこどもたち、
そして、一緒にワークショップを支えてくださった
みなさまのおかげと心から感謝しています。

本当にありがとうございます。

4月9日には、10周年記念イベントが開催され、
たくさんの人がCAMPに遊びに来てくれました!

main

CAMP10周年によせて

株式会社CSK 執行役員 田村 拓

株式会社CSK 執行役員 田村 拓


CSKグループの社会貢献活動・CAMP10周年にあたり、心からの感謝を申 し上げます。活動開始以来、本当に多くの方々に支えて頂き、この日を迎える ことができました。


創作体験と協働作業を通じてこどもたちの創造性を伸ばし、また社会性を育む ことを目指すワークショップ。この10年で、ワークショップを取り巻く環境は 大きく変わったと感じます。10年前の私たちの毎日は、「ワークショップとは ?」、「ファシリテーターとは?」という問いに答えることから始まるもので した。今、そんな説明を抜きにして、こどもワークショップの素晴らしさを共 有できる方々が、当時とは比べられないほどに増えています。


CSRとは企業が本業を通じて社会に貢献することだと考えます。しかし、目 まぐるしい変化の時代にあって、企業が変化に挑み、自己変革を続けていくこ とは、実はそう簡単ではありません。以前に企業のCSR責任者の方々と議論 したことがあります。どんな名門の大企業であっても、過去の成功体験が桎梏 (しっこく)となって変化の妨げになる。成功体験が市場やお客様との関係を閉 鎖的なものにし、変わることへのためらいを生み、結果として外部の変化を感 じ取ることすら難しくなる。そんな議論でした。その中で、ある会社の経営ト ップの言葉を本当に嬉しく伺いました。「CSKさんは社員皆さんのために外 の世界と社内を結ぶ素晴らしい『窓』をもっていますね。CAMPは、未来を 担うこどもたちとの関係を通じて、社員に対して、常に外の世界の変化を感じ る機会を与えることができる素敵な活動だと思います」


CSKグループの創業者である故・大川功さんの「高度情報化社会はこどもた ちが先導する」、「未来のことは、こどもたちに聞くのが一番」という発言か ら始まったCAMP。スタートから10年間、社員自らが創る、社員参加型の活 動を貫いてまいりました。そしてワークショップの本質である「コラボレーシ ョン」や「共感」を体現する存在であろうとし、ミュージアムや学校、NPO をはじめとするさまざまな機関、アーティスト、教育者その他多様な方々とご 一緒して参りました。その取り組みを評価していただき、「企業の社会貢献事 業のデザイン」としてグッドデザイン賞や、キッズデザイン賞の「審査委員長 特別賞」を受賞しました。今振り返って、活動を牽引してくれたCAMPチー ムのメンバーを誇りに思うとともに、改めてお礼を言いたいと思います。現在 はCAMPを卒業し、ワークショップの世界で独立して活躍する人も少なくあ りません。それが何よりも嬉しいことです。


末筆になりますが、3月11日に起きた東日本大震災で被害をうけた皆様方に心か らお見舞いを申し上げます。思えばCAMPがスタートする直前の2001年3月 16日に、この活動を提唱した大川さんがその門出を見ることなく亡くなりまし た。キックオフ・セレモニーを延期し、およそ半年後に内外からお客様をお招 きして、改めて記念シンポジウムを企画した時に起きたのが911、すなわち米国 の同時多発テロでした。渡航制限の知らせが相次ぐ中、「無理して来ていただ いては申し訳ない」と打診した海外のお客様からは、口々に「こういう時だか らこそ、CAMPのスタートを祝うために行く意味がある」という答えが返っ てきました。1000年に一度とも言われる、まさに未曾有の大震災と津波、そし て原発事故のあと、10周年を迎えたCSKグループの社会貢献活動・CAMP は、これから始まる日本の復興の中で社員とともに何ができるでしょうか。そ の答えを皆様方とともに見つけながら、これからも前進していきたいと思いま す。


10年間、本当に有難うございました。そしてこれからもCAMPをご支援いた だけますようよろしくお願い申し上げます。


(※社名は2011年4月当時のものです)

omoide


2011年9月9日に青山で10周年記念パーティを開催しました(その時の模様はこちらから)

ページトップへ