• 参加しよう!
  • 募集中のワークショップ
  • CAMPワークショップとは
  • ワークショップ紹介
  • ワークショップの流れ
  • はじめての方へ申し込み〜参加まで
  • 保護者の方へ
  • ボランティアメンバーファシリテーターについて
  • ファシリテーターとは
  • ファシリテーターとして参加するには
  • ファシリテーター育成プログラム
  • ファシリテーターインタビュー
  • ファシリテーターリレーコラム

ワークショップレポート

様子

2020年1月19日、秋葉原ダイビルにて『CAMPかみかみハンズワークショップ』を開催しました。紙を使って、『てて島』にすむいろいろな手ざわりの生き物の「手」をつくりました。細かいところまで手ざわりにこだわってつくりこんだので、最後の握手会では、触ってほしくてついつい前のめりにアピール!お気に入りの紙を見つけ「24時間触っていたい!」と言う子もいたくらい、楽しんでくれたようです。(2020年1月24日更新)

続きはこちら

参加募集中のワークショップ SCHEDULE

ワークショップ くわしい内容・申し込み

CAMPかみかみハンズワークショップ@秋葉原ダイビル

かいさい日時 2020/1/19(日) 13:00〜16:30
会場 秋葉原ダイビル(→アクセス)
対象 小1〜小3
定員 20名
しめきり日 募集終了
参加費 無料
持ち物 ○飲み物
ないよう 紙はとても身近なものだけど、かんたんに形や手ざわりをかえることができるフシギなそざい。紙でいろいろな「さわりごこち」の生き物の手をつくって、みんなであくしゅ!
手の感覚を大切に、紙というそざいを楽しむワークショップです。

『CAMPかみかみハンズワークショップ』で使うそざいは紙だけ。紙にはそれぞれちがう手ざわりがあり、またその紙をくしゃくしゃにしたり、丸めたり、ねじったり・・・加工することでさらに手ざわりを変えることが出来ます。そんな紙を使って、『てて島』にすむいろんな手ざわりのする生き物の「手」をつくりました。それぞれ手ざわりにこだわって、細かいところまでつくりこんでいたので、最後のあく手会では、ついついさわってほしくて前のめりになるくらいでした!お気に入りの紙を見つけ「24時間さわってたい!」と言う子もいたくらい、楽しんでくれたようです。
びこう <お願い>
○よごれてもいい、動きやすい服そうできてください。
○つくった作品はお持ち帰りいただけません。
作品の著作権はCAMPに属します。
○保護者の方はご参加いただけませんので、あらかじめご了承ください。
会場内に見学席をご用意いたします。
○応募多数の場合は締切日後に抽選となります。
当選された方には招待状をお送りします。
○終了時刻は進行状況により前後する場合があります。
○当日新聞やテレビなどの取材が入る場合があります。また、当日の様子を
スタッフが写真・ビデオ撮影し、CAMPのウェブサイトへの掲載や活動
紹介に使用させていただきます。
お問い合わせ 【CAMPスタジオ】
SCSK株式会社 サスティナビリティ推進部
電話:(03)5144-6400

このワークショップのぼしゅうは終了しました。

前のページにもどる

ページトップへ